算数脳は、マルチ脳

なぜ中学受験の算数では、学校準拠とはまったく違う算数脳を問うのか。それは高校、大学、将来を生きていく解決力、創造力を築くのに必要な基礎力であるからに他なりません。子供のやわらかな知的好奇心を満たしながら「論理」「感性」を成長させる好機となるのです。YEAH MATH!では、価値ある受験算数のエッセンスをもとに、論理的思考を身につけながら事象の本質摂理を学ぶ「算数脳プログラム」として教材を設計。入試テクニックを詰め込んで学ぶのではなく、その子の能力に最適な形で学んでいく学習機会を提供します。①理解をフォローするため ②思考力を発信力にまで高めるためチューターの指導で、子供たちの学習を徹底サポートしていきます。

学校教科書 vs YEAH MATH!

We are for...

  • 理解したことやアイデアを、論理的整理し、形にする思考力
  • 人に対して自分の考えを説得し、納得させるコミュニケーション力
  • 日本の中学受験レベルを十分理解できる算数力
  • お母さんに問題を解説し、教えるレベルに到達します。

YEAH Math!は楽しく算数好きになる力になります。

論理的思考はクリエーティブの宝庫

YEAH
大野奈津子

クラシック音楽のプロになりたくて、受験では音大志望だった自分が、不合格→親の援助ストップ→宅浪→まともな?受験に向かい、英・数・国が二次試験の科目だった国立の文系にすべりこめたのは、算数好きだったおかげでした。楽器がメインの毎日でしたが数学だけは自分で面白そうな参考書、問題集を選んで趣味のように勉強していました。近所の中学生や従妹に教えるのが楽しかった。塾や予備校には通いませんでしたが、わからない問題を理系の優秀な友達に聞き、その説明が鮮やかで目から鱗だった瞬間の感動は今でも忘れません。

続きを読む

見える化+アサーティブ・ラーニング

YEAH MATH!では暗記ではなく図と量の感覚で学ぶ「見える化」で本質を理解しながら、未知の難問も楽に解くことをめざします。算数が苦手な子も、難問にチャレンジしたい子も楽しく学習していただけます。教材で解き方を「知る」だけでなく、なぜそうなる?問答して学ぶことで、弱点に気づき、理解を深め、伝える力を養うYEAH式アサーティブ・ラーニングチューターリードします。

 

1 動画解説

イーラーニングでの学習管理

個別に、柔軟に学習を進める

現在のレベルに合わせてコースを選び、無学年制で学んでいきます。コース内でも、得意な単元はさくさく進んだり、理解がたりないところはしっかり時間がかけるなど、まわりを気にすることなく基礎から身につけることができます。

1日20分でも成果を出す。動画解説で楽に理解→手と頭を動かす

1週間で1単元サイクルをまわすのが基本の目安。理解度を確認して次のステップに進みます。 動画で楽に理解して、プリントアウトでは自分の手と頭で解く。 チューターを活用して、対話しながら理解を定着させて実力をつけていきます。

解説動画の一例

2 学習進捗レポート

コンサルティング

レッスンのあとは、チューターからのメッセージが届く

理解と弱点の確認、勉強するときの注意点や次回の目標など、チューターからのアドバイスが届きます。

学習データ、チューターレポートを基にした定期コンサルティング

イーラーニングによるスコアの推移、スケジュールの管理、弱点の発見、アドバイス、保護者の方からのご相談を含めて、コンサルティングを行います(月1回定期/必要に応じて追加) 個別にベストな学習体制をめざします。

3 チューター オンデマンド

tutor system

時間帯で選ぶ、指名で選ぶ、定期的な指導を受ける

チューターは、多くの子供たちが勉強する時間帯(4-9:00pm, 日本時間/東部時間/西部時間)にスケジュールをオープンにしています。 「今聞きたい!」に答えたり、他の習い事等のスケジュールと調整しながらフレキシブルに指導を受けられます(チケット制)。最適な指導スタイルを作りましょう。

気の合うチューターを見つけましょう

お子さまとの相性は、効果的な学習をする上でいちばん重要。数人のお気に入りを見つけて、 必要に応じた柔軟なスケジュールで勉強することで学習効果をあげましょう。

YEAHのチューター

YEAH式アサーティブ指導の訓練を受けたチューターが一人ひとりのお子様の可能性を引き出し、学習の励みや支えとなり、学習意欲を高めることに尽力いたします。

チューターをみる

「見える化」で学ぶ

①量の感覚をつかむ ②図を使って理解する

 

ルールの暗記ではなく、なぜそのルールがあるのか「本質」から学ぶ「見える化」。例えば日本の難関中学受験をめざして身につけた基礎力は、高校入学レベルまで通用します。量的感覚(比など)、本質の理解を問われる問題が多いため方程式だけで乗り越えるのは難しく、逆に受験のためでなくとも学ぶ価値がある科目といえましょう。

見える→わかる→楽しい!

椎塚教授(以下、椎)算数は本来楽しいものなのです。算数を好きにさせるには方策があります。算数の見える化です。大学生でも分数の計算ができない人がいるのです。

YEAH(以下、Y):シンガポールはじめアジアの算数は見える化を意識していますね。普通の学校では、日本でもそうでもないんですね。大学生でも出来ないということは。たしかに、私の子供の頃は見える化方式ではありませんでした。

:小学校できちんと学んでいないのです。暗記しているから覚えないのです。

Y:なるほど。私たちの教材では、線分図をよく使ったりして、量の関係を意識して理解していきます。

分からないものを求める「変数」という考え方

:体で覚える「体感算数」の勧めですね。 最大公約数とか最小公倍数なんて、とっても分かりにくいです。教える先生が体感していないからです。「変数(variable)」とは何なのか、ということをどこまで生徒はもちろんですが、先生も分かっているかが大きなポイントです。
ニュートンが木からリンゴを落ちるのを見て、それをどのように説明したら、もっともらしい解になりますか?それは、「地球がリンゴを引っ張っているからだ」です。算数を新しい視点でやっていくには、これまでの延長線上の概念から解き放たれる必要があります。

Y:そのために、算数脳を、感覚、感性を育てることが必要なのかと。

:工学は文化を創造しています。工学を支える数学(さんすう)は、もちろん文化を創造しているのです。さんすうは「心」です。さんすうを学ぶことは、心を育てることです。さんすうと心をうまく結びつけることを考えているのです。

Y:まさに、感性工学のコンセプトなんですね。

分母が異なる分数のたし算・ひき算
椎塚 久雄 教授
感性デザイナー 感性数理アナリスト 工学博士

感性工学を駆使して、YEAH Math!の教材づくりをサポート。
〇著書:「感性工学ハンドブック」「売れる商品は感性工学がある」他 計18冊
〇論文(英文・和文):約450件
〇専門分野: 感性数理情報科学 感性数理ブランディング ファジィ理論 進化計算 他
〇学会:日本感性工学会 日本知能情報ファジィ学会 他

YEAH Fun!

スタディポータルには、楽しく学ぶヒントがいっぱい

算数脳イベント
おもしろ算数脳

コースやレベルを越えて楽しむおもしろ問題など、算数脳をいろんな分野で活かしてる人々の紹介などなど。

ウォッチ・ザ 世界
ウォッチ・ザ 世界

世界の出来事を自分ごとにしよう。知っておきたいリアルなニュースや動画を、子供たちにわかりやすく紹介します。

世界中の学習仲間と交流!
学びの知恵袋

ノートの取り方や、家庭での勉強のコツなど、効果効率がアップする知恵を伝授します

スタディポータルへ

 

算数仲間とチューターと、楽しく学べば見える世界が変わるはず。
まずは、無料レッスンをお試しください。

算数脳を語る第1弾 小林寛生くん