算数の落とし穴、単位の換算。これで一生迷わない! – 算数脳レッスン YEAH MATH!
算数が3倍おいしくなるブログ

算数の落とし穴、単位の換算。これで一生迷わない!

1dL(デシリットル)って何mL(ミリリットル)だっけ?えっと~??れれれ?って大人でもモゴモゴ…しますよね、単位の換算。(以下、太字のみの飛ばし読みもOK)

単位の換算は、むずかしい算数問題にチャレンジしている子でも意外にミスする落とし穴なのです。YEAHの6年生からSOSの声が上がったので、今日はここで一気にモヤモヤ解消いたします。

さて小学生で習う単位には、長さ、面積、体積があります。
まずは長さ。1mm(ミリメートル)の10倍が1cm (センチメートル)、100cmが1m(メートル)、1000mが1km(キロメートル)。ふーん、知っとるわい。

1mmは、1000分の1m。ミリの意味を考えましょう。

長さ
ほとんどの人が10mmが1cmという覚え方をしていると思いますが、実はミリという言葉は千分の1という意味。つまり1mmは、1/1000m(メートル)という単位記号なのです。もちろん10mmが1cmは事実です!けれどmmの意味をきっちり理解しているととってもお得。mL(ミリリットル)は1/1000L(リットル)。mg(ミリグラム)1/1000g(グラム)と、もう迷うことはありませんね。ちなみに1センチはcent、100分の1m(メートル)という意味。1ドルは100セントと同じ語源です。k(キロ)は1000倍のこと。これはご存知ですね。

1mL(ミリリットル)と1cm3はまったく同じ体積です!では1dL(デシリットル)は何mL?

体積
体積のL(リットル)を考えましょう。おさらい。1mL(ミリリットル)は1/1000L(リットル)ですから、逆に1Lは1000mLです。Deci(デシ)は1/10の意味。つまり1dLは1/10Lです。1dLは1000mLの10分の1ですから100mLのこと!もちろん100cm3でもありますよ!

10mLを1dLだと勘違いしている人がものすご~~く多い。でも単位のアルファベットの意味を知れば、読んでそのまま。もう迷わない!

単位換算の問題でうっかりやるのが、1m2=100cm2。ぶっぶー

メートル法
1m2は1m×1mの面積。つまり100cm×100cmなので、10000cm2!これが正解。体積も同じ。1m3は、1m×1m×1mですから、100cm×100cm×100cm=1000000cm3なのですよ。
面積も体積も必ず、長さ×長さ、長さ×長さ×長さにおきかえてから換算すれば恐れるものはなしです。1m3は1000000cm3などと直接考えるのはミスの元、急がば回れです。

アール
最後にa(アール)とha(ヘクタール)ですが、hはヘクト、ギリシャ語由来の100という意味です。台風のときヘクトパスカルというのは100パスカル(圧力の単位)のこと。ha(ヘクタール)はa(アール)の100倍と覚えて大丈夫。a(アール)は10m×10mの面積。これは覚えてくださいね。haは100m×100mで辺でみるとaの辺の10倍ですが、混乱しそうなら常にaに換算して考えましょう。

平方メートルm2の次の単位は平方キロメートルkm2、1m2と1km2(1000000m2)では100万倍もの開きがあるので、アールはとても便利なのです。

牛乳パック(1L)や、角砂糖(1mL=1cm3)、近くの公園は1a。

単位の換算は、生活の中で生きている算数です。身近なところで実際の大きさのイメージをしっかりもっておくと、間違えなくなりますよ。

今日は、意外な落とし穴、単位換算でした!

答え:
125mL→1.25dL  125mL→125cm3→125×1cm×1cm×1cm→125×0.01m×0.01m×0.01m→125×0.000001m30.000125m3
   

オンラインと人で育てる算数脳レッスン『YEAH MATH!』