中学受験の算数学習は、成長する脳の栄養。
算数が3倍おいしくなるブログ
2017.07.21 / お役立ち学習情報

中学受験の算数学習は、成長する脳の栄養。

ある生徒のお母さんからメールをいただきました。学校の授業でしか算数を学習したことのない小5の男の子ですが、小4相当のコースから学習を開始することになったのです。ちょっと不満らしく”なぜ受験もしないのに学校の算数と違うものをやらなきゃいけないの?”と言い出してうまく答えられないというご相談でした。

YEAHからの返信です。

“YEAHで学ぶ教材そのものは中学受験のエッセンスからできています。
それは中学受験の算数教材は、学校で学ぶ最低限の算数ルールだけではなく、その根底にある本質的なコンセプトから学ぶことができるからです。
より具体的に言うと、数字上のルールではなく、量的な感覚で本質をつかむものです。
線分図、面積図、比、すべてがそうです。

これは、将来、どんな分野に進もうとも生きる基礎力としてのボトムアップになります。
サイエンス、IT、経済などはもちろん、コミュニケーション能力そのものを高めます。
論理的に発想し、伝え、説得する力は人を惹きつけるからです。
この算数を難しいと思う分だけ、それをやった子とやらなかった子では脳の柔軟さに雲泥の差ができるわけです。“

そもそもなぜ、中学受験の算数で、小学校でやらないものを出題するのか。

“受験中学、高校側としては未来で社会の役に立つ能力の高い人間を育てたいと思うのは当然のことです。
中学にはいるまでにそのための基礎作りをした子を先取りしたい、というわけなのです。
難問を出して、ふるいにかけるためではないんです。
しかも中学にはいってしまうと算数はx, yを使った数学になり、柔軟さはなくなります。
小学生の頭のうちにしかできない学習だから、中学は受験にこれを課すわけです。

ただし、この学習のゴールを受験の合格だけにすることに、私たちは疑問をもっています。

合格主義で、理解はさておき手っ取り早くテクニック暗記を優先すると、”わかったようでわかってない”状態になってしまいます。

YEAHで学習する子の中には、保護者がまさに”算数””わかったようでわかってない”で検索してたどり着いたというケースもあります笑。

それでは、せっかくやわらかい頭を開拓するはずが、苦痛、算数嫌いになってしまうだけなのです。(自分で「できる子」にとっては、進学塾は有効な場と思います)

YEAHでは、自分の理解を言葉にし、定着し、人に伝えられることで自信をつけるという指導方法をとっています。
言葉にする方法は、受講だけより10倍以上の理解力を育てると言われています。
理解を実感すれば、どんどん算数は面白くなります。”

その後、彼と相性がよいチューターを担当にすることができ、学習にとても前向きになりました。夏休みは集中レッスンでがんばる予定です。

学習アドバイザー
    文責

  YEAH学習アドバイザー:苦手克服、受験に向けてがんばる子供たちやご家族の目標をサポートしています。  







オンラインと人で育てる算数脳レッスン『YEAH MATH!』