ご利用者さまの声 – 算数脳レッスン YEAH MATH!

ご利用者さまの声

子供の前向きな学びは、まわりの大人も幸せにする!

happy hands2

英語で算数。母親が教える限界に悩んでいました。

 

山本ジホ君 12才 南米コロンビア


志洁くん




ある日、学期末のテストの前に、持って帰ってきたノートを見て愕然。

ブリティッシュスクールで英語漬け。英国式でテキストはなし。けれど信用していた学校の教え方は闇雲で、ドリル的な練習も一切なし。息子が全く理解していないのは一目瞭然でした。


親子で算数と格闘する日々。私の言葉(日本語)は彼の言語ではない。

常々、母親が教えることに限界を感じてはいました。いくら説明しても理解していない様子。現地のチューターを探しましたが物足りなく、日本の算数教育を受けさせたいと思うようになったのです。「英語で日本の算数」を教える…ヒットしたのがYEAH Math、すぐさま藁にもすがる思いで、オンライン面接の依頼をしました。

恥ずかしがり屋の息子が、オンラインでちゃんと授業が進められるのだろうか。

面接では、コンサルタントが私と息子に細かく質問をされました。後日、今の息子には何が必要なのか、どんな先生が合うのかを提案してくださり、体験レッスンが始まったのです。

先生は、緊張していた息子のペースに合わせて、優しくゆっくりと対応してくださり安心して授業を受けている様子でした。何よりも授業がきっちりと細かく、ノートの書き方、復習方法まで教えてくださいます。また、随時コンサルタントの細かいフォローアップがあり、要望などもきっちり伝えることができます。

彼自身が、「この先生との授業をずっと受けたい」と懇願し、嫌いだと言い放っていた算数に対して、だんだんと興味を持ち始めているのがわかりました。

セカンダリーへ上がり最初の数学テストで、満点の学年トップ。

はじめて2か月が経った頃です。「YEAH mathのおかげだ!」と喜び勇んで先生に報告しました。数学をより身近に感じ、この先も喜びが増えていってくれますように。親子ともども非常に心強い基軸を得ることができました。心よりYEAH mathとの出会いに感謝しています。




中学受験、親娘でめいっぱいお世話になっています。

 

M. M.ちゃん 5年生  東京


美希ちゃん




美希ちゃん

新4年生で某進学塾を開始…内弁慶で、塾の先生に質問ができない(泣)

入塾テストで、まさかの上位クラスで娘は大喜びでしたが、進度は早いし難解で早々に算数に苦手意識が・・。塾で質問ができず、親が教えようにも、受験算数は特殊で余計な混乱をまねきそう。そこでYEAHへ。

丁寧なコンサルがあり、娘が気楽に話せる先生をご提案していただき、YEAHで塾のテキストを補完しながら、週1回・1時間、塾の復習を始めました。最初は照れて先生との対話が進まなかったのですが、回が進むうち算数の面白みがわかったようで「算数は意外に好き」と話すようになりました。


いま、5年生。算数だけじゃなく、国語も助けて!

算数に注力していたら、国語がガタガタに。読書好きだし記述はいずれできる、と思っていたのが大間違い。夏前にテストの難度もあがり、偏差値も落ちました。塾は拘束時間も長いし、宿題は大量だし、親娘で心に余裕がなくなってきました。そこで、YEAHでコンサルタントに模試の答案用紙の分析を依頼。「算数は理解できてる。まだ受験算数のコツがつかめていないだけ」「国語は解き方のコツがわかっていないようだ」というアドバイスと、対策を丁寧に教えていただきました。

結果、二科目でなんと偏差値65.2(前回は…47)!!

アドバイス後、すぐの1回の模試の結果なので先はわかりませんが、娘の顔から悲壮感が消えて救われました。 いよいよ6年生にむけて。 これからが正念場。親娘それぞれに苦しい1年になるでしょう。でも「助けて!」といえるプロが近くにいるのは本当に心強いです。6年生の春に、いい報告ができるように、これからも折々にご相談します。



帰国後、二人とも文章題に苦戦していました。

 

矢部こうたろう君 6年生 矢部えいじろう君 4年生 東京


矢部こうたろう兄
矢部えいじろう弟

子供のペースで丁寧に教えてくれる先生を探していました

NYから2年前、帰国。私学の小学校に兄弟ともはいりました。兄は数や単位、公式の概念の理解は良いのですが、ストーリーを追いかけるのが苦手。文章題を読んでも因果関係が混乱し、ステップを図にすることが一人でできない。弟も同じで、すぐにあきらめて「わからない。」と投げていました。いつのまにか算数は苦手という意識がついてしまいました…現地の学校では楽しく学習していたのですが。家庭教師を探していたところ、YEAHを紹介されました。


まず受け止めてくれるので、子供は安心して堂々と間違った答えを言えるようです。

相性のいい先生を遠慮なく探すことができますが、どの先生も前向き。オンライン授業だと聞こえてくるのはヘッドホンからの先生の声、目に入るのはホワイトボードのみ、という環境で集中しやすい。この効果は大きいです。

教材もシンプルだが偏りがなく、素晴らしく良い。

進学塾の問題集のあの圧倒されるような量による圧力はなく、無力感を感じさせないです。家庭教師と違ってカリキュラムがあるので抜け落ちもなく、学校で教わっている方法以外の考え方や、柔軟な姿勢で解法を学べます。

兄:こうたろう君
説明が分かりやすく教えてもらえる。わかった!と思えてうれしい。算数が苦手な友達にすすめたい。

弟:えいじろう君
むずかしいけど、小数がどんどん小さくなっていうことを教わって楽しかった。360度のもとは地球の一年の日数から来ていると教わって面白かった。


ノートづくりの原則を教えていただき、ノートの意義に目覚めてきました。きれいなノートやおもしろい解き方を作ったときは、受講生同士で自慢する広場ページとかがあるといいなと思います。

算数、国語、英語まで楽しい楽しい!と週に4時間。

K.M.ちゃん 7才 米国 カリフォルニア州 フォスターシティ


算数が大好きになったK.Mちゃん

お母さまより

現地の算数の進みが遅くて心配でした。

渡米したころ、日本では私立に通っていたせいか、現地の進み方が遅くてびっくり。娘も、ずいぶん前に習ったことをなんでもう一回やらなきゃならないの?と不満そうで、心配していたところ、パパがYEAH MATH!を見つけてきました。

先生とのホワイトボードのやりとりが楽しくて30分があっという間!すぐ1時間にしたのですが、 “算数楽しい!もっとやりたい!”と言い出してパパも驚きました。

楽しそうな声が聞こえてくる。

90分という1年生にしては長丁場をお願いしましたが、私がいなくても娘一人で先生とお勉強している姿に感動しました…。先生と娘の波長があっているのか?!マンツーマンなので、中だるみがなくテンポよくできています。“今日も楽しかったよ~”と。書道やプールと重ならないように希望して、週2回回定期的に学習ペースが保てています。ホームワークもいただいて、はりきってやっています。

          

それから2年。3年生になり、今では国語と英語の文法強化もお願いしています。

 

マイペースでどんどん進めて、日本の学校算数の3年生の内容はほとんど終わりました。使う機会が少ない国語もYEAHで週2回しっかり鍛えています。忘れがちだった敬語を使う貴重な機会です。英語はどんどん強くなるものの、とはいえ現地校の国語(英語)ではなかなか成績があがらず、今度はYEAHでしっかり文法強化とwritingのための英語レッスンを始めることになりました。帰国後のケアと、せっかくアメリカにいる経験を生かすことと、両方YEAHでやっています。  

米国で、受験算数を、納得のコンセプトで学ぶ貴重なチャンス。

S.怜旺(れお)君  9才 米国 マウンテンビュー CA


算数が大好きになった れお君

怜旺(れお)君より

ミステリーを解いていくみたい!

ぼくはYEAH MATH!をはじめてから算数がとても好きになりました。たまに、シャーロック・ホームズのミステリーみたいにさいしょ「なんだこれ。」と思うもんだいもありますが、ときかたが分かるととてもおもしろいです。

お母さまより

科学をやりたいという息子の将来の希望をサポートしたい

はじめてコース(日本語版)」で息子が勉強を始めて1か月が経ちました。算数は苦手意識はなかったものの、マイペースなため問題を解くのに時間がかかってしまい、過去2年間のCAASPP(カリフォルニア統一テスト)でも成績は良いのですが、クラスでほぼ最後の一人というところでようやく終了して教室から出てくるという状態が続いていました。

母親の私が遠い昔に中学受験用の塾で初めて算数の面白さに目覚めて計算が早くなったことを思い出し、海外在住でも同じような経験ができるオプションを春以降ずっと探していた矢先にYeahMathに出会いました。

既に習った単元でもひねりのある問題で、息子の集中力も高く、楽しみながら解いているのが分かりました。オンデマンドのチューター指導で、不安な個所をしっかりと固めることができ、親として安心できましたし、何より、コースを始めて2週間後の息子のブログに「算数大好き」というタイトルで日記が書かれていて、とても驚きました。

曜日・時間が決まった受け身の習い事ではなく、自分自身で苦手を意識したうえでこちらから指導を求め、克服する、という良い習慣につながるのではと期待しています。