算数が3倍おいしくなるブログ
2019.07.11 / お役立ち学習情報

「数検」を活用して算数やる気アップしよう!

数検(算数検定・数学検定)って何?

英検(実用英語技能検定)や漢検(日本漢字能力検定)は有名ですが、「数検」というのがあるのはご存知ですか?

学校以外で学ぶ算数といえば、受験算数というイメージがあります。あるいは、そろばんなどの計算力に特化したもの。そういうものとは違い、文部科学省の学校算数の内容を基本にしながら、学年に関係なく自分の実力に合わせて)挑戦することができるのが数検*(算数検定・数学検定)なのです。

YEAHでは、苦手意識のある子に「君ならできる」ことを形で認めてあげる方法のひとつとして、数検を活用しています。

数検のレベルは、1級から12級まで。このように分かれています。

1級~5級 (数学検定):中学生以上
6級~11級 (算数検定):小学生範囲
12級(かず・かたち検定):未就学児
各級の単元の内容はこちら

問題はクセがなく比較的素直で、基礎的な学力(計算力、論理的思考力、文章読解力)をバランスよく問うもの。学校のテストだと、どうしてもクラスの中で自分の順位が気になったり、点数を友達と比べてしまったりするのものですが、算数検定だと英検と同じで好きな級を受けられます。自分に合った級を選べるので、頑張れば「合格を手に入れられる」級をめざすことができます。

数検の回答形式はすべてが記述式。個別成績表で弱点が見える!

数検8級の問題
8級(4年生目安)の問題

マークシート選んで終わり、たまたま正解!ではせっかくの試験の価値も半減。でも記述式なら、基礎や論理的な考え方が身についているか、表現力はたしかどうか?というところまで確認することができます。選択問題がほとんどの英検との大きな違いですね。

しかも、個別成績表ももらえるので弱点が一目瞭然。不得意得意や不得意をしっかり把握することができて、次につなげることができます。

頑張れば手が届く。合格証を手にしてやる気をあげる!

数検(算数検定・数学検定)の合格証

実用数学技能検定webサイトより

こーんな立派な合格証も出してもらえるんです。やはり「合格」の二文字は本人も家族も気持ちがあがるもの。しかも素晴らしいことに、万が一不合格になっても「不合格」ではなく「未来期待証」をもらえるのです。頑張ったことは認めてもらえる、なんだか嬉しいシステムです。

学校でなんとなく算数が面白くなくなってきた、ひとつの単元につまづくとそれがきっかけで算数に苦手意識が出来てしまう、そんなときにやる気のメリハリと自信をつけるにはぴったりの数検なんです。

ではその権威は?算数・数学の力の証明として大学入試でも評価の基準として取り入れている大学や短大が増えているほか、就職のときの学力の証明として活用されることもある、というものです。

全国レベルの絶対評価なので、偏りもなく評価に信頼性があります。日本国内だけではなく東南アジアなど海外でも実施されていて、高い評価を得ています。

≫ 算数の苦手と弱点の克服する方法はこちら

数検には英語版での試験がある!帰国子女の子供たちも挑戦しやすい。

数検7級英語版問題
7級(5年生目安)の問題

滞在国、日本人学校、現地校、お住まいの状況によりますが、一般に日本の算数より海外の算数の授業の進行は遅れています。日本人学校で日本の進学塾に通ってるお子さんであればまだしも、せっかくなので現地校で…とお考えのご家庭も多いでしょう。メリットももちろんたくさんですが、算数に関しては現地校と日本の算数のレベルはかなり差が大きいので、現地校では成績が良くても、日本の算数となると苦労しているお子さんがかなりたくさんいます。
でも、日本語の文章題だと意味が理解できなくても、英語であればスっとはいる、という子供たちも多いはず。算数を学ぶ前に言葉のところでのハードルでつまずいてしまわないために。努力とそれを認めた合格証は、帰国後、算数・数学に向かう基礎力づくりと自信に必ずつながるはずです。

≫ 英語で日本レベルの算数を学ぶレッスンはこちら

数検のまとめ

学年に関係なく実力にあった級に挑戦できるのが数検(算数検定・数学検定)です。記述式、個別成績表をもらえるので次の目標に向かいやすく、合格証でやる気をアップ!
学校の成績を友達と比べて苦手意識をもってしまった子の、克服の目標にも大いに活用できます。国語や文章題が苦手な帰国子女は英語版でも受験できるという嬉しい数検。
ぜひご家庭の目標にしてみてください!

少しでも子供たちの成長のお役に立てれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

*「数検」の呼び名で親しまれていますが正式には、「実用数学技能検定」。その中に「数学検定」「算数検定」があります。

≫ 数検対策や算数の苦手克服をサポートするレッスンはこちら

チャ先生
文責

チャー先生:モンテッソーリ教育、脳科学、心理学、快適な学習環境づくりの経験を総動員して、苦手意識克服、受験に向けてがんばる子供たちやご家族の目標をサポートしています。







お母さんのための教え方と学び方情報配信